NTTトラベルサービス

ビジネス(Business)

パスポート申請ガイド

現在持っているパスポートの更新をする場合も新しくパスポートを取得する場合とまったく同じです。
申請する旅券事務所によって異なりますが申請から取得まで8日~15日間ほど必要です。

旅券申請および更新のタイミング

旅券の残存期間が少なくなって更新(申請)する場合は残存期間が1年を切っていればいつでも申請できます。特にアジアの国に多いですが、パスポートの残存期間を入国の条件に定めていたり、またビザが必要な国の場合、ビザの申請の時点での残存期間を定めていることが多いので、1年を切ったらそろそろ更新のタイミングです。
書類の不備などは受け付けてもらえないことが多く、ビザの取得に日数が必要なケースもあるので早めの申請が望ましいでしょう。
旅券事務所ごとに受け付け時間、申請してから受領するまでの所要日数等が異なります。詳細につきましては各旅券事務所にお尋ねください。

パスポート申請に必要な書類

書類名 数量 概要
一般旅券発給申請書 1通 5年用と10年用があるので注意が必要。
申請書は旅券事務所で無料配布しています。また、NTTトラベルでもストックしてあります。
戸籍抄本または謄本
(申請日の6ヶ月以内に発行されたもの)
1通

※家族の一括申請などを除き、抄本の提出でOK

【戸籍謄本または抄本の提出を省略で来る場合】
  • ・切り替え申請(旅券の残存有効期間が1年未満で申請する場合等)で本籍、氏名などに変更がなく提出する住民票に本籍地が記載されている場合。
  • ・同一戸籍内にある2人以上の者が同時に申請する場合で、いずれか一人が戸籍謄本を提出する場合。
  • ・有効な旅券に併記されている者がその者を名義とする一般旅券の発給を申請する場合。
  • ・国外において有効な国籍証明書または船員手帳を提出する場合。
  • ・緊急に渡航する必要が生じて一般旅券の申請をする場合において、本籍地の入った住民票を提出するとき。ただし戸籍謄本または抄本を提出するのが困難であると認められる場合に限る。
申請者の写真 1葉

提出写真の規格

【提出写真の規格】
  • ○申請者・届出人本人のみが撮影されたもの
  • ○提出の日前6か月以内に撮影されたもの
  • ○縁なしで左記図画面の各寸法を満たしたもの
    (顔の寸法は頭頂(髪を含む)からあごまで)
  • ○無帽で正面を向いたもの
  • ○背景(影を含む)がないもの

写真の規格をすべて満たし、容易に人物特定ができるものであれば、カラーでも白黒でもかまいません。また、デジタル写真でも銀塩写真並みの解像度があればパスポート写真として使用できます。

  • ・申請書に貼り付けられた写真を旅券に転写印刷するため写真の用件はICAO(国際民間航空機関)の定めた規格に従ったもので以下のとおり。
  • ・国外においては2葉必要。
【サイズと顔の位置】
ふちなしで縦45mm、横35mm。顔の大きさは27mmで前後2mmの誤差しか認められない。
規格に合わないと取り直しになるので充分注意が必要。
【取り扱える写真の条件】
  • ・申請者本人のみが撮影されたもの
  • ・申請日の6ヶ月以内に撮影されたもの
  • ・ふち無しで左図の各寸法を満たすもの(顔の寸法は頭頂から顎まで)
  • ・無帽で正面を向いたもの
  • ・背景(影を含む)がないもの
  • ・変色・脱色の恐れがないもの
【めがねに関しては】
  • ・めがねにライトが反射したものは不可
  • ・サングラスをかけ人物を特定できないものは不可
身元確認のための書類   15歳未満で身元を立証する書類がない場合は、親権者の身分証明書を提出可能

ビジネストップに戻る