NTTトラベルサービス

お知らせ(News)



【注意】非機械読取式旅券(パスポート)および氏名等の訂正申請を受けた旅券の取扱について

■非機械読取式旅券(非MRP旅券)
 旅券の国際標準を定める国際民間航空機関(ICAO)では、機械読取式でない旅券(非MRP旅券)
 の流通期限を2015年11月24日までと定めているため、11月25日以降、国によって入国拒否や
 査証免除の対象外とされる可能性が考えられます。

 ※現在、非機械読取式旅券(非MRP旅券)をお持ちの方は、残存有効期限に関わらず、新規の旅券
 (10年・5年)を申請することが出来ます。

 【関連記事】
 (外務省HP)◆機械読取式ではない旅券の取扱について(ご注意ください!)


■氏名等の訂正申請を受けた旅券
 2015年11月25日以降は、訂正申請(注)を受けた旅券に対し、国によっては出入国時における
 審査や、海外滞在中の様々な手続きにおいて、慎重な対応をとるケースがあると考えられます。

 ※現在、訂正申請を受けた旅券をお持ちの方は、残存有効期限に関わらず、新規の旅券(10年・
 5年)を申請することが出来ます。

(注)2014年3月19日までに記載事項訂正の申請をして、追記ページにスタンプとタイプ印字で記載
されている旅券。

【関連記事】
 (外務省HP)◆平成26年3月20日以降、「記載事項の訂正」が廃止され新方式のパスポートの発給が開始されます。

お知らせ一覧に戻る